ハンドメイドインジャパンフェス 開催レポート

第6回目となる、日本最大級・クリエイターの祭典「ハンドメイドインジャパンフェス2018(HMJ)」を2018年7月7日(土)・8日(日)に東京ビッグサイトで開催しました。 ここ数年、会場規模・出展数・来場数ともに年々拡大をつづけていたHMJの開催規模を、あえて戻した第6回(詳細はこちら)。たくさんの、ものづくりを愛する皆さまにご来場いただき、これまで以上に熱気と笑顔が溢れる2日間となりました。 皆さまのご参加、ありがとうございました!
HandMade In Japan Fes 2018

Market

全国各地から集結した3,000名超のクリエイターによる作品がずらり。作り手から直接、作品づくりの背景や想いを聞いたり、購入後のお手入れについて教えてもらったり。ここにしかない出会いを、お楽しみいただけたようです。

Music & Play

HMJの顔となりつつある、4回目の出演となったD.W.ニコルズをはじめ、ミツメ、Schroeder-Headz等、今回も圧巻のステージで会場を盛り上げてくれました。

Food

材料はもちろん作り方にもこだわったフードエリア。美味しい手作りフードやコーヒーでほっと一息。ご来場いただいた皆さまの寛ぎの場となりました。

Creema booth

七夕に開催された今回のテーマは「織姫と彦星」。特別企画として「5万人で作り上げる全長10mの天の川」が登場!フリーワークショップの天の川作りや、参加クリエイターによる作品展示等、七夕を思い思いに楽しんでいらっしゃいました。

Workshop

毎年大人気の、伝統工芸士や人気クリエイターによるものづくり体験。自分で制作してみると、手作りの難しさや、そこに込められた想いを知ることができます。

Farmers

生産者の想いとこだわりがつまった無農薬・減農薬野菜や果物が並びました。生産者と直接話しながら選べるのも楽しみの1つ。育てる愛情が美味しさにつながることを実感します。