HMJ201901出展クリエイター
koginbank
12946cd8 7700 42ff 8a18 2d4ea3562ba220181224 4 pkh2pb
  • 12946cd8 7700 42ff 8a18 2d4ea3562ba220181224 4 pkh2pb
  • 87e08e51 84a2 49e4 b31f 002ebc90b3d120181224 4 lmwgxn
3bed91de 2bd8 434d aec2 6fc30ffbb0ca20181224 4 1wqkkfx

koginbank

出展日両日
ブースNo.I-153
楽しい津軽の伝統工芸こぎん刺しの魅力を存分にお伝えしたいと思います!
出展エリア出展カテゴリー
マーケットクラフト(陶器・ガラス・木工・etc)
活動エリアCreema オンラインショップ
-
出展エリア
マーケット
出展カテゴリー
クラフト(陶器・ガラス・木工・etc)
活動エリア
プロフィール

世界中でこぎん刺しを楽しむ人やこぎん刺しが気になる人のために役立つ情報を提供する、こきん刺しウェブマガジンです。koginbankは誰でも簡単に楽しめるこぎん刺しを共有・体験できる様々な情報を各地でこぎん刺しを楽しみ活動されている方々から集めて発信します。

こぎん刺しには好きな人なら誰もが味わう、始めたら止まらない、ハマってしまう面白さがあります。自分の好きな色を合わせて無心に糸を刺していくと、いつの間にか綺麗な模様が手の中で出来上がっています。超!簡単で、可愛くて、没頭してしまう面白さがこぎん刺しの魅力です。しかしこぎん刺しの起源には江戸時代の北東北の厳しい生活背景がありました。こぎん刺しは生活に必須な存在でした。時代が変わって明治に入ると一気に需要が無くなり、一度衰退してしまいます。しかし、こぎんに魅了された柳宗悦氏によって昭和の初めに再び脚光を浴び、再興を果たしました。

こぎん刺しが必要不可欠な家事仕事として女性が無心に刺していた300年前も、かわいいを満喫したくて没頭する現代の人たちにも、変わらずにある自身の手の中で美しさが積み上がっていく感動は、こぎん刺しのこれからも変わらない一番の魅力です。時代が変わり、野良着が必要なくなり、こぎん刺しはこのシンプルな技法と魅力で様々にカタチを変えて沢山の人が楽しんでいます。その楽しみの中にある無限の可能性をkoginbankは追求していきます。