2017年出展クリエイター
白河だるま総本舗

白河だるま総本舗

出展日両日
白河だるまの絵付け体験を通して白河だるまを知っていただけると幸いです。当日の絵付け体験では創造的なデ
出展エリア出展カテゴリー
ワークショップ-
活動エリアCreema オンラインショップ
-
出展エリア
ワークショップ
出展カテゴリー
-
活動エリア
プロフィール

白河だるま総本舗は、約300年前からお客様一人ひとりを大切にし、地元の方々に愛され続けてきました。白河だるまは寛政の改革で有名な松平定信公の「市民の生活をより元気に」という想いから幸運をもたらす縁起物として誕生しました。家族の健康や会社の繁栄、高校や大学の合格や選挙での当選など古来より人々が何かを願う際は必ず白河だるまがそばにあり、たえず人々の夢や希望を応援し続けてきました。白河だるまは幸運の象徴とされている「鶴亀松竹梅」が顔の中に描写されているのが最大の特徴であり、そのデザインはかの有名な絵師・谷文晁が行ったとされています。また、願いごとをする際はまず、だるまの左目に目を入れ、成就したら右目を入れるという風習があります。