2015年出展クリエイター
高橋工房
Creation 120150521 3 1xtvpaj
  • Creation 120150521 3 1xtvpaj
  • Creation 220150521 3 q1cuqz
  • Creation 320150521 3 18xgjb0
  • Creation 420150521 3 945j37
Icon20150521 3 1ynpl81

高橋工房

出展日両日
伝統の技を現代に。安政年間創業の木版画摺師として、現在六代目は版元と してその技術を継承しています。
出展エリア出展カテゴリー
ワークショップ-
活動エリアCreema オンラインショップ
東京都-
出展エリア
ワークショップ
出展カテゴリー
-
活動エリア
東京都
プロフィール

創業安政年間木版画摺師、版元として代々その技術を継承、今日に至る。 明治10年二代高橋倉之助は内国勧業博覧会に出品、大久保利通内務卿より褒章される。 明治23年三代高橋槍之助が来日中の英国コンノート殿下の御前で木版摺り実技を披露。第2次大戦後四代高橋春正はマッカーサー元帥の招きを受け、GHQ本部内で伝統木版技 術を披露。細川家の依頼でセザンヌの水彩画を 900 度摺りの木版画で再現するなど新境地を拓き、版元としても木版画の発展に寄与。 昭和26年四代高橋春正は昭和天皇、皇后両陛下に木版摺りの技術を披露し御下問を給う。 昭和38年法人組織とし、株式会社高橋工房となる。 昭和51年五代高橋新治郎はシルクスクリーン印刷を導入、木版画との併用など新分 野へ進出。 昭和61年~六代高橋由貴子は、著名画家および文化勲章受賞日本画家の作品を木版 画に再現する事業に取組む他、彫刻家、建築家、デザイナーとのコラボレーションでの木版 画作品を発表、現在に至る。文化庁支援の伝統技術の若手育成及び小中学生の教育現場で木版画の普及に努める。